宅配バイク

ピザなどの宅配に最適化されたもので、天井が付いた三輪のスクーター形式(スリーターとも呼ばれる)が多く存在します。

株式会社ヒガ・インダストリーズが1985年に日本で初めての宅配ピザであるドミノ・ピザを創業する際に、日本の交通事情に合わせてオリジナルで設計したのが元祖になります。後部には宅配商品を乗せるトランクが付いています。他業種では、コピー機などOA機器やエスカレーター・エレベーターのメンテナンス、警備業で都心を走るのが良く見られます。

宅配バイクがこのような形式になったのは、当時の法律で天井付きの三輪バイクが容易にミニカーとして登録できたことによります。ミニカーは自動車扱いなのでヘルメットの着用は不要、原付の30km/hという速度制限にも縛られなくてすんだ為です。現在は、法改正されたので上記のようなメリットはありません。

最近では経費削減や原油高などの影響で、降雪の恐れが少ない地域では二輪タイプ使用の宅配もみられるようになってきました。