普通自動二輪車

日本の道路運送車両法で排気量50cc超400cc以下の自動二輪車のことになります。このうち、125cc超400cc以下の自動二輪車は、過去に「自動二輪車中型限定」という運転免許の区分名称であったことから中型と呼ばれており、普通自動二輪車の名称は1996年の道路交通法改正で生まれた自動車区分になります。
また、125cc〜400ccの自動二輪車は中型といわれ、普通自動二輪(限定なし)の免許を取得する必要があり、高速道路も走行可能で、年齢20歳以上で免許保有期間が3年以上などの条件があるが高速道路で二人乗りすることもできます。

普通自動二輪車免許は、「総排気量が50cc超〜400cc以下の二輪車」を運転するために必要な運転免許証で、「普通二輪小型限定・普通二輪・AT小型限定普通二輪・AT限定普通二輪」の4種類に分類されます。