小型自動二輪車

小型自動二輪車は日本の道路交通法における排気量50ccを超え125cc以下の二輪車の通称である。道路交通法上は、正式には、小型の普通自動二輪車と呼びます。また、道路運送車両法では第二種原動機付自転車と呼び、通称としては原付二種(げんつきにしゅ)などがあります。

道路運送車両法において、排気量250ccを超える二輪車は「二輪の小型自動車」と表記されていますが、保険業界などでは「小型二輪車」と呼ばれることが多いので、125cc以下の「小型自動二輪車」と混同しないよう注意が必要である。「小型二輪」とは250cc超の二輪車のことで、「小型自動二輪」とは50cc超125cc以下の二輪車のことになります。