バイクの危険性

バイクは、身軽な乗り物であるが、自動車比べ、危などに険性が高い乗り物になります。

まず、構造上バイクは、自転車と同様に二輪であるための不安定さを持ち、常に転倒の危険性を孕んでいます。スリップなどによる転倒の危険性は、運転者の技術もありますが、タイヤの磨耗などで、危険性はさらに高まるので注意が必要です。
また、生身で乗るため、天候などの影響を受けやすく、雨天での濡れた路面や冬場の凍結した路面などは特に危険だと言えます。

バイクの事故発生率は、自動車の場合と比較すると高く、重傷になる場合や死にいたる場合も多くあります。